■MICRO ACE製ボギー貨車をKATO製カプラーへ交換

牽引車のKATOナックルカプラー化に伴い、MICRO ACE製ボギー貨車のアーノルドカプラーを

KATO製車間短縮ナックルカプラー(28-187)、KATOカプラーN(11-702)、ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376)へ交換してみました。(PC閲覧を推奨。画像クリックで拡大します。)

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

1、MICRO ACE製ボギー貨車のカプラーポケット

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

台車(タキ6150 A2675)はプラスネジで本体に留っています。

タキ6150の場合はこのネジでタンク本体と台枠との結合までしています。

カプラーポケット自体はKATOのボギー貨車と似ています。(台車裏側)

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

アーノルドカプラーを90度ひねって外します。カプラーと台車にピンがあり、双方をスプリングで保持しています。

2、車間短縮ナックルカプラーへ交換

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

付属のアーノルドと交換するKATOの車間短縮ナックルカプラー(28-187)です。20個入り税別800円です。

(詳細レビューは【コチラ】)

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

タキ6150の台車のカプラーポケットはKATOより狭いので、車間短縮ナックルカプラーの一部をカットします。

車間短縮ナックルカプラーを側面から見ています。

左が未加工、右が加工済みです。カプラーの根本の段差を柄とツライチになる様にデザインナイフでカットしました。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

台車にはめ、台車付属のスプリングを入れて完成です。カプラーポケットからの突出量は4.5mmです。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

スタンダードゲージで高さチェックです。OKです。

形式(コキフ10000等)によってはカプラーが低いので、カプラーの下(カプラーポケットのアゴ部分)にプラ板で作ったスペーサー(長さ2mmX巾1.5mmX厚さ0.3mm)を入れた方が高さが合います。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000
MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

3、KATOカプラーNに交換

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

KATOカプラーN(黒)(11-702)です。

20個入り税抜定価400円です。

(詳細レビューは【コチラ】)

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

タキ6150の場合、KATOカプラーNは無加工ではめるとギチギチで全く首振りしません。そこでKATOカプラーNの一部をカットし首振りをする様にします。

カプラーを側面から見ます。左が未加工、右が加工済みです。

①カプラーのお尻の段差(矢印)を柄とツライチになる様にカットします。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

②カプラーのお尻の突起をカットします。

左が未加工、右がカット済みです。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

③更にお尻の角を斜め45度にカットします。

右が加工済みです。余り切り過ぎるとカプラーがバラけてしまいます。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

台車にはめ、車両付属のスプリングを入れました。

台車からの突出量は6mmです。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

スタンダードゲージで高さチェック、OKです。

車両に付けてみました。車体端からの突出量は4mmです。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000
MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

4、ナハフ11かもめナックルカプラーへ交換

 
MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

次にKATO製ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376)、10個入り税別600円の交換法です。

(以下かもめナックルと呼称します。)

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

かもめナックルにはナックルシャンクとリップシャンクを留めるピンが必要ですが、このカプラーポケットにはピンがないので爪楊枝で代用します。

①爪楊枝を刺し、不要部分を切り落とします。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

かもめナックルを側面から見ています。

②カプラー根本の段差を柄とツライチになる様に削ります。

右が加工済みです。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

③かもめナックルの足の突起をカットします。

右が加工済みです。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

台車にはめ、元のスプリングを入れました。台車からの突出量は6mmです。

かもめナックルに付属するフタは使用しません。

もし、使用する場合はフタの加工(厚さを薄くし、お尻の2股の足をカット)が必要となります。勿論爪楊枝は使いません。

爪楊枝方式の方が工程が少なくて済むので今回は上記方法としました。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

スタンダードゲージで高さチェックです。OKです。

形式(コキフ10000等)によってはカプラーの下(カプラーポケットのアゴ部分)にプラ板で作ったスペーサー(長さ2mmX巾1.5mmX厚さ0.6mm)を入れた方が良い場合があります。

車両端からのカプラーの突出量はKATOカプラーNと同じく4mmです。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000
MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

5、完成(車間の比較)

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

標準のアーノルドカプラー同士では6mmの車間がありました。

普通、10~12mmくらいありますからこの製品はアーノルドでも結構狭いです。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

車間短縮ナックルカプラー同士により、2mmまで縮まりました。これは狭すぎます。

タキ6150は手すりがデッキから外に張り出しているので余計狭く見えます。手すりの一部は接触しています。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

KATOカプラーN同士は車間5.5mmです。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

かもめナックル同士でも、車間5.5mmになります。

6、試運転

試運転しましたが、各カプラーともR282の4%勾配、4番ポイントのS字等、特に問題はありませんでした。

車間短縮カプラー同士(車間2mm)はR282でデッキが接触しますが、脱線はしませんでした。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

7、まとめ

MICRO ACEボギー貨車のKATO製カプラーへの交換に際しては、3種類ともカプラーの加工が必要でした。ただ上記の方法ではカプラーポケット側は加工しないので、後々アーノルドに戻す事も可能です。又、仮に工作に失敗してもカプラーだけの損失で済みます。

■車間短縮ナックルカプラー(28-187)への交換

 加工は1ケ所で済みますが、車間短縮カプラー同士だと車間が2mmしかありません。

■KATOカプラーN(11-702) への交換

 KATOカプラーN同士は車間5.5mmでちょっと開き気味です。

 又、KATOカプラーNは車間短縮ナックルカプラーとレール上での突き当て連結が出来ません(持ち上げて

    連結)。

 コスパはかもめナックルより良いです。(KATOカプラーN…税別20円/個、かもめナックル…税別60円/個)

■ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376)への交換

 かもめナックル同士は車間5.5mmでこちらもちょっと開き気味です。ただし、かもめナックルは突き当

   て連結が出来ます。又、見た目も実感的です。

これらの結果から、1両の片側に車間短縮ナックルカプラー、もう片側にかもめナックルを装着する事にしました。こうする事で車間を程よい4mmにでき、かつ各車とも突き当て連結が出来ます。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

MICRO ACEは形式毎にカプラーポケットの形状が違う様※なので、これらの方法がタキ6150以外のボギー貨車にも通用するかは不明です。

手持ちのMICRO ACE製トレーラーは他にキ908マックレー車(A0326)キ604ロータリー車(A0320)しかありませんが、この2車はタキ6150とほぼ同じカプラーポケットでした。2車とも車間短縮カプラーに交換しました。

※その後増備したコキフ10000は、スペーサーによりカプラーを上にあげた方がbetterな様です。

MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000, キ908マックレー車(A0326), キ604ロータリー車(A0320)

初めてMICRO ACEの貨車を購入しましたが、ディテールも良く、印刷もすごく精密です。今回購入したタキ6150は艶消し黒の車体で半艶のKATO製タキより好感が持てます。ただし車輪の転がりはKATOに比べるとほんの少し悪いです。(KATOが良過ぎるんで、特に問題ありませんが。)

最近のMICRO ACEは電車のセット品ばかりなので、もう少し貨車も出して欲しいですね。まぁ、電車セットの方が儲かるんでしょう(笑)。

※改造は自己責任でお願い致します。

8、追記

タキ9900、MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

新たにMICRO ACEのタキ9900(A3196)を購入した所、上記タキ6150とは台車の位置が随分違いました。

(左がタキ6150、右がタキ9900です。黄色破線に注目)

タキ9900は台車が車端寄りなので、車間短縮カプラーは車体からの突出量が4mmになりほど良い感じでしたが、、、(タキ6150は2mm)

タキ9900、MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

かもめナックルでは6mmとなり、かなり突出してしまいました。(タキ6150は4mm)

タキ9900、MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

そこでタキ9900ではかもめナックルを約1mmセットバックしました。

カプラーの足とカプラーポケットのすき間にスポンジを入れ(矢印)、ゴム系接着剤で着けました。この後スプリングを入れスポンジを黒マジックで塗りました。(カプラー自体の加工は上記方法4、と同じです。)

タキ9900、MICRO ACE, マイクロエース, ボギー貨車, カプラー交換, 車間短縮カプラー(28-187), KATOカプラーN(11-702), ナハフ11かもめナックルカプラー(Z05-1376), タキ6150, A2675, タキ11000

突出量が5mmになりました。

カプラーポケット内にはまだ余裕があるので4mm以下にも出来そうですが、今回はここまでにしておきました。

尚、コキフ10000ではかもめナックルをスプリングのピンにゴム系接着剤で直付けし、車体からの突出量を4mmとしました。

MICRO ACEのカプラーポケットの形状・寸法は形式ごとに微妙に違うので、形式毎に突出量やカプラー高さの調整が必要な様です。

2017年9月記載/2018年1月/2019年3月追記(マイクロエース・カプラー交換)

・メールアドレスは公開されません。ニックネームは公開されます。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now