■KATO 9600形の重連用ナックル探し/生産年の見分け方

KATOの9600形(デフ無し2014、デフ付き2015)です。

デフ無し、デフ付きともに2002年と2009年に生産されています。

このページでは9600に適合する重連用ナックルカプラー探しと生産年の見分け方について記したいと思います。(写真はデフ付が2009年、デフ無しが2002年モデルです。)

※PCでの閲覧を推奨します。

【重連用ナックルカプラー探し】

折角2両あるので重連にしたくなりますが、

デフ無し・デフ付き共に、9600には重連用カプラーとしてアーノルドカプラーしか付属していません。

重連用のナックルカプラーは元々設定自体が無く、パーツ表にも記載がありません。

そこで、他車の重連用ナックルカプラーの転用を考えました。

KATO 9600形 2014 2015 重連用アーノルドカプラーとダミーカプラー

  標準の  

ダミーカプラー

 付属の重連用 アーノルドカプラー

KATO 9600形 2014 2015 D51(北海道形)重連ナックルカプラー (Z02L1633)

始めに試したのは

D51(北海道形)用の重連ナックルカプラー(Z02L1633)です。

 

左から9600付属重連アーノルド、付属ダミー、

D51(北海道形)重連ナックル (Z02L1633)です。

スノープロウも付いていて9600に良く似合いそうです。

がっ、このスノープロウが機関車先頭のステップに干渉して取り付けNGでした。残念!

KATO 9600形 2014 2015 C62 2重連ナックルカプラー(Z02-1705)

次に試したのはC62 2重連ナックルカプラー(Z02-1705)です。

 

左から9600付属重連アーノルド、付属ダミー、

C62 2重連ナックルカプラー(Z02-1705)です。

C62はカプラーとスノープロウが別パーツなのでOKです。

KATO 9600形 2014 2015 重連アーノルドカプラー

まずはアーノルド同士の連結面です。

車間は約10mmでしょうか。

KATO 9600形 2014 2015 重連ナックルカプラー

炭水車側に付属のナックルカプラー、

前部にC62 2重連ナックルカプラーの

連結面です。

うーん、ナックル化しても車間はほとんど縮まりませんでした。

見てくれだけの改善に留まりました(笑)。

KATO 9600形 2014 2015 D51標準形重連ナックルカプラー(Z02-1778)

次にD51標準形重連ナックルカプラー(Z02-1778)

C11/C12重連ナックルカプラー(Z02-2216)も比べてみました。

 

C11/C12用は全く形状が違い付きそうにありませんが

D51標準形用は付きそうです。

しかもC62 2より短い! むしろコッチか?(笑)。

KATO 9600形 2014 2015 D51標準形重連ナックルカプラー(Z02-1778)

という事でD51標準形重連ナックルカプラー(Z02-1778)を付けてみました。

定規を当てないと判らないくらいですが1.5mmくらいは短くなった気がします。これがjust fit、決定版のようです。

 

この連結で4番ポイントとR282の曲線は

スムースに通過出来ます。

炭水車側をもう少し短い物に交換できれば更に良くなりそうです。

KATO 9600形 2014 2015 重連アーノルドカプラー

アーノルド同士の重連(上)と

ナックル同士の重連(下)。

走らせたらまったくワカリマセン(笑)。

KATO 9600形 2014 2015 D51標準形重連ナックルカプラー(Z02-1778)

いずれにしても9600は重連が似会いますね。

タンク車やホッパー車の重量貨物を牽かせたくなります。

【追記】2017年5月
KATO 9600形 2014 2015 C62 2重連ナックルカプラー(Z02-1705)

C62 2の重連用カプラーが長くてNGと書きましたが、

ふと思いつきました。

D51(北海道形)重連ナックル (Z02L1633)→

シャンク(柄)が短くてスノープロウが引っかかってNG。

C62 2重連ナックルカプラー(Z02-1705)→

シャンクが長くてNG。

という事は、C62 2用に同梱のスノープロウを付ければ引っかからないじゃん!?

KATO 9600形 2014 2015 D51標準形重連ナックルカプラー(Z02-1778)、C62 2重連ナックルカプラー(Z02-1705)

で、付けてみました。

左が先程のD51標準形重連ナックルカプラー(Z02-1778)、

右がC62 2重連ナックルカプラー(Z02-1705)

+同梱スノープロウです。

KATO 9600形 2014 2015 C62 2重連ナックルカプラー(Z02-1705)

​→

 

シャンクが長い分、スノープロウがステップに当りません。

走行試験をしましたがR282や4番ポイントのS字、ダブルクロス(20-210)でもステップに接触無しで先輪の首振りには問題ない様です。

と言う事でC62 2重連ナックルカプラー(Z02-1705)を1袋購入。

デフ付き、デフなし両機とも無事スノープロウ付き重連ナックルになりました。重厚な9600にはやはりスノープロウが良く似合います。

【結論】

スノープロウ無しならD51標準形重連ナックルカプラー(Z02-1778)、

スノープロウ有りならC62 2重連ナックルカプラー(Z02-1705)という事ですね。

KATO 9600形 2014 2015 C62 2重連ナックルカプラー(Z02-1705)
【生産年の見分け方】

ところで9600は初期生産(2002年)と再生産(2009年)では仕様が変わっています。

外見的には、2002年製はハンドレールの塗装がデコボコで光沢がありましたが、

2009年製はキレイなつや消しに修正されました。写真だと判りづらいですが、肉眼だとハッキリ差が判ります。

又、取付けも2002年はユーザー取付けでしたが2009年はメーカー取付け済みになりました。

(画像をクリックすると拡大モードになります。デフ無しは塗装が少しはげています。)

2002年製
ハンドレール
2009年製
KATO 9600 2014 2015 アーノルドカプラー
KATO 9600形 2014 2015 2009年生産ロット アーノルドとナックルカプラー(Z02-1522)

炭水車のカプラーは、

2002年製はアーノルドのみ、

2009年製はアーノルドとナックルカプラー(Z02-1522)が付属となりました。

KATO 9600 2014 2015 2002年初期生産ロット 2009年再生産製

又、内部も絶縁材が追加される等、

少し改善されている様です。

 

これだけ変わっていて価格upはありませんから、これから買う場合は2009年製が絶対オススメです。

KATO 9600 2014 2015 2002年初期生産ロット 2009年再生産製 ハンドレール 取扱説明書

確認すべき点は取扱説明書の

「付属パーツの取り付け方」にハンドレールの説明があるか無いかです。

(ある方が2002年、無い方が2009年)

又、2002年ロットには炭水車側のナックルカプラーの取付方法の説明がありません。

(前述の通り、2002製はナックルが付属

していない為。)

KATO 9600 2014 2015 2002年初期生産ロット 2009年再生産製 取扱説明書

又、取扱説明書の末尾に2002又は2009の表記があります。

通販やオークションで買う場合はこの点を確認すれば大丈夫かと思われます。

私は確認せずに買って2002年デフなしの在庫品をつかみました。(TT)

9600は、確かモーターがキャブまで飛び出していないKATO初の蒸機モデルだった気がします。

スケールは約1/145で今となってはちょっと大きめですが、全体のバランスやディテールはすばらしく、

最新のD51(長野式2016-6)等と並べても遜色ありません。9600の貨物機らしい重厚さが良く出ていると思います。

一方、走りはさすがに最新モデルの様なウルトラスムースという訳ではありませんが、特に問題も無くさすがKATOです。フライホイールも入っていますが、滑走感はありません。そろそろ今の走行水準で1/150の決定版が欲しいですね。北海道の重装備型とか出してくれたら2両は買います。(少ない?)

でもその前に、C55、C58のリニューアルとC54、D52でしょうか?(笑)

D52なんてもう予告から数十年待ってますよ、KATOさん楽しみにしてますっ!!

2017年4月記載

・メールアドレスは公開されません。ニックネームは公開されます。

サイトタイトル

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now