■KATO スポーク先輪(28-194)【レビュー】

KATO ROUNDHOUSE(ラウンドハウス)のスポーク先輪(28-194)のレビューです。

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

1、製品概要

・セット内容…8個入り

・税抜き定価…1,000円

・バリエーション…28-194スポーク先輪

           28-193スポーク車輪

           28-213スポーク車輪(車軸短)

蒸気機関車、一部のデッキ付旧型ELの先輪用のスポーク車輪です。C57 4次形(2023)の先輪と同型の物です。スポーク部が実車同様抜けていて、大変精密感があります。抜けていないモールドのみのスポーク先輪を標準装着している機関車※のディテールupに最適です。(集電機能は無いので、C11やC12には使用できません。)

※適合車種

9600(2014,2015)、C56(2020-1)D51北海道形(2016-3)

EF10EF15(新仕様)EF16ED16EF56

2、パッケージ

KATO 28-194スポーク先輪

 3、パーツ

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

スポークは8本で大変精密に出来ています。

 

蒸機や一部デッキ付旧型ELの先輪用なので車軸の外側は平らです。

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

左が当該品のシースルー型のスポーク先輪(28-194)、

右が抜けていないモールドのみの旧型スポーク先輪です。

 

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

ちなみに当該品を初装備したKATO C57 4次形2023(左)とTOMIX C57(右)のシースルー型スポーク先輪を比較してみました。

先輪自体の出来は甲乙つけがたくどちらも精緻ですが、台車の構造がKATOの方がスポークの抜けをより際立たせる形状になっています。

後発の強みでしょうか?

 

 4、分解と組み込み

蒸機の先輪の組み込みは、はめる時にそこそこの力が要るのでなるべく力をかけ易い様、最小限の分解をしました。蒸機は繊細なパーツが多いので組み込み時の破損防止の為です。炭水車は外しておきます。

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

9600(2014,2015)は前部のエンドビームとカプラーを

外して先輪を交換しました。

エンドビームは説明書の通り、軽く上から押しながら前へ引き抜きます。

 

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

C56(2020-1)はまず前部カプラーを外し、

次にデフから前を外しました。

デフ/前部デッキはランボードの斜めの部分を持って

少しづつ前へ引いていけば外れます。

この時デフのステーがボイラーに引っ掛からない様に

注意します。

 

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

D51(2016-3)は車体裏側のネジを外し車軸カバーを外しました。

カバーと一緒に先台車と従台車が外れます。

この時、動輪やロッド類まで外さない様に注意します。

 

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

先台車はスプリングで支持されています。

車軸カバーから先台車を外して先輪を交換しました。

 

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

従輪も旧型のモールドのみのスポーク車輪なので交換します。

 

従輪は先輪と違い、車軸先端が出っ張っているタイプです。

従輪には28-194ではなく、姉妹品の28-193スポーク車輪(車軸長)が適合します。

こちらはC57 4次形の従輪(集電ナシ)と同様の物となります。

 

5、完成/比較

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

KATO 9600デフ無し(左側)に装着してみました。

デフ付き(右側)のモールドのみの旧型スポーク先輪と比べると、明らかに精緻感が上がっています。

蒸機の先台車は台車枠が内側なので車輪が良く見えて効果大です。

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)
KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

旧型モールドスポークのC56(右)も

シースルースポーク先輪に交換(左)。

動輪もスポークが抜けているので

これでお揃いになりました。

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

シースルースポーク標準のD51長野式(2016-6)(左)と

旧型モールドスポークのD51北海道形(2016-3)(右)です。

やはり歴然とした差があります。

北海道形の先輪と従輪をスポーク先輪に交換しました。Goodです。

従輪は台車に隠れてあまり良く見えませんが。。。

尚、東北形(2016-5)以降のD51はシースルー型のスポーク先輪が標準となっています。

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)
KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

6、評価★★★★★

蒸機の先輪は台枠が内側で良く見えるので、シースルー型のスポーク先輪は効果があります。

旧型の蒸機がこうしたパーツでディテールアップできるのは大変嬉しいですね。

当区の旧型モールド先輪は全て新型のシースルー型スポーク先輪に入替えました。

シースルー型スポーク車輪の効果は、築堤等車輪を真横から見れて背景に物が無い区間で良く判ります。

 【↓動画です。クリックで再生。】

[編成…D51(2018-1)+タキ1900(8040/8040-1)+タキ3000(8008-7)]

(動画は交換したD51北海道形(2016-3)では無く、シースルースポーク標準装備のD51(2018-1)です。

 又タキ1900/3000の車輪はスポーク車輪(28-193)です。)

逆に言えばこの様な状況でなければシースルーのメリットはあまり判らないとも言えます。

しかしながら、こうしたパーツで設計が古いモデルが最新モデルと同じディテールになるのは良い事です。優れた後発パーツを旧モデルの為に分売してくれるKATOの企業姿勢には好感が持てます。★★★★★5つです。

KATO 28-194スポーク先輪、D51(2016-3)、C56(2020-1)、9600(2014,2015)分解、C57 4次形(2023)

2017年6月記載

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now